実行委員紹介

〜Fortify〜
Constructive Exchange to Undertake Challenge
交差する価値を求めてー 個の葛藤、世界の構築

第73回日米学生会議の参加者から選出されて発足した実行委員会が、日本側主催団体の一般財団法人国際教育振興会、米国側のInternational Student Conferences (ISC), Inc.の支援の下、本会議開催のための準備活動を本会議まで行う。

実行委員長よりご挨拶

近い将来、我々はコロナ禍に翻弄され続けた学生世代と形容されるのであろうか。日米学生会議はいかなる状況下でも、長きに亘る学生間の繋がりを紡ぐことに成功を収めてきた。それだけの基盤が当会議にはある。本当に翻弄された世代となるかどうかは、我々次第ではなかろうか。「交差する価値を求めてー 個の葛藤、世界の構築」のテーマのもと、第74回日米学生会議はウィズ・コロナとポスト・コロナの転換点において開催される。こうした時代の学生間の交流となるからこそ、人々が結びつく重要性を一層強く実感し、成長できる場となるであろう。自ら主体的に考え柔軟に対応する力が求められる今、既存の枠組みや従来の世界観の再構築を目指す当会議は、参加学生、日米両国、ひいては世界にとって意義深い会議となることを確信している。議論とは一方向を向くことではない。悩みも葛藤もあるだろう。それを深い思考に変えていければ、会議を創る身としてこれ以上の喜びはない。交差する価値を求めて、第74回日米学生会議の門戸はどこまでも開かれている。

山﨑聡子

慶應義塾大学 法学部

After persevering through the coronavirus pandemic and an ever-changing political climate, JASC continues to be an immensely important experience for the students of America and Japan. We must not forget the ties that both nations have worked hard to build and upkeep over many decades. This year’s theme, “Fortify: Constructive Exchange to Undertake Challenges”, was made with the intent to ensure that the bonds between Japan and America not only remain but are also further strengthened by our collective efforts. Our executive committee agrees that these bonds are not only important on the international scale, but even on the interpersonal level. As the American Executive Committee Chairman, I’ve been given the great opportunity to make sure that the future delegates of JASC 74 are given an experience that builds upon their character and relationship with their international companions. Hearing the various topics that the other committee members are eager to discuss with the future delegates, I can tell that JASC 74 will truly be an experience where students will leave feeling that they have greatly improved as an individual and global citizen.

Dylan Cain

Duke University Visual Arts and Japanese

第74回日米学生会議 日本側 実行委員

山﨑 聡子(実行委員長)
慶應義塾大学 法学部
石井 颯太(副実行委員長)
早稲田大学 政治経済学部
山上 修吾​​​
一橋大学 法学部
大森 陽平
関西学院大学 国際学部
金城 萌音
慶應義塾大学 法学部
ミカエル アリスメンディ
上智大学​​​ 国際教養学部
辻 美波
東京大学​​​ 教養学部