Schedule

会議日程

 

第74回日米学生会議は以下にて開催する。

※第3訪問地がサンフランシスコからアナポリスに変更になりました。

  • ニューヨーク:2022年8月4日(木)〜2022年8月11日(木)
  • ワシントンD.C.:2022年8月11日(木)〜2022年8月18日(木)
  • アナポリス:2022年8月18日(木)〜2022年8月26日(金)

 

【ニューヨークサイト】2022年8月4日(木)〜2022年8月11日(木)

カルチャー、ビジネス、テクノロジー、国際機関、どこを切り取っても世界の最先端を体感できる都市、ニューヨーク。その姿は多様な人種や民族による文化の融合した社会として名高い。こうした多様性を前に、当開催地では、「Cultivate(開拓)」を主題にプログラムが構成される。様々な企業や機関の本部を訪れ業界の代表者との交流を図ると同時に、現地の学生との議論などからローカルな視野も養う。日々新たな生活文化を形成するこの都市で、74回会議の出発点を刺激的で可能性に溢れたものにする。

 

【ワシントンD.C.サイト】2022年8月11日(木)〜2022年8月18日(木)

アメリカの首都であるワシントンD.C.は、政府機関・歴史的な文化の中心地である。ホワイトハウスはもちろん、ワシントン記念塔、議会図書館など、アメリカを代表する施設が数多く並び、重要な歴史転換点を見つめ、未来を見据えた意思決定が絶えず行われてきた。当開催地では、この「Decision Making(意思決定)」を主題にプログラムが構成される。国際的な卓越性と多国間の調和を目指す日米両国の継続的な努力を象徴するこの街で、米国の意思決定プロセスや、民間人、また学生としていかに国際社会に貢献できるかを学び、議論する。

 

【アナポリスサイト】2022年8月18日(木)〜2022年8月26日(金)

アナポリスは全米屈指の士官学校「アメリカ合衆国海軍兵学校(The U.S. Naval  Academy)」の町として知られるメリーランド州内で最も古い町である。18 世紀の建物がアメリカのどこよりも多くあり、歴史地区は 45 ブロックにもわたる。チェサピーク湾に注ぎ込むセヴァーン川の河口に囲まれた当地は、今もなお「航海の都(The Sailing Capital)」の確固たる中心的地位を保っている。New York、 Washington D.C.という名だたる代表都市を経て、当開催地では「Dare(挑戦)」を主題にプログラムが構成される。アメリカの文化の変遷、政治の先端、第一次産業と軍の養成を肌で感じてきた集大成として、会議後も自らも考え続け、挑戦する姿勢を養うことを目標とする。他サイトとは異なる色を持つ港町Annapolisを訪れることで、アメリカでのプログラムをより多角的なものにしていきたい。